体温を上げれば癌は消える?小林麻央さんが体温を上げるために酵素風呂などを利用されていたのはご存知の方も多いと思います。

実際、体温を1度下がると免疫力は30%低下すると言われます。

逆に1度上昇すると免疫力は500~600%(つまり5倍~6倍)高くなると言われているのです!!凄い事ですよね!

では、日本人の平均体温ご存知ですか?

36.5度と言われています。

自分の体温と比べてみていかがでしたか?最近は体温が低い方が増えていると言われています。

体温が低い方に「冷え症と低体温を一緒?」と聞かれることが良くありますが、冷え症と低体温は違います。

冷え症はいろいろな原因で血流が悪くなり、末端の手や足が冷えることですが体温は正常であることがほとんどです。

低体温は体温自体が36℃未満の場合のことです。平均の体温である36.5℃の時は、体の中枢の深部体温は37.2℃ぐらいになり体の新陳代謝が最も活発に行われる体温であるといわれています。
36℃未満でいろいろな症状がでている場合は、低体温症という病気になります。

低体温になると体内の酵素の働きが低下するため新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気にもかかりやすくなります。

女性の場合、子宮も低体温になります胎児への先天的影響も完全には無視できないので予防と改善が必要です。

とは言え、どうしたら体温を上げられるのだろう?と悩む女性は多いはずです。私もそんな1人でした。子供の頃から35.6度が平熱でした…。

体温を上げるためにどうしたらよいか?をいろいろ調べたりしました、「食生活」体を冷やさない陽性の食品をとるようにする、体を冷やす食べ物を摂る時は食べ方を工夫する。

体温の40%は筋肉よって生産されているので、筋力をつけるように運動をするなど色々試行錯誤しながら体温を上げるように頑張っている時に、理事からHSP(ヒートショックプロテイン)を教えていただきました。

湯治の効果などの話もきき、早速、入浴方法を変えてみると体温が少しずつですが上がってきています!(^^)!

今回、私も理事も実際に試し効果をとても実感したこの湯治とHSPの事を理事にコンテンツとしてまとめてもらいました!!

私と同じように、体温を上げたい方のお役に立てればと思います。

体温を上げれば癌は消える?湯治の効能とHSP(ヒートショックプロテイン)
執筆:feel careおっぱいマイスター®協会理事 石井 将之