子育て支援センターさんからご依頼を受け、おっぱいWSを開催させていただきました。

 

産後ママ、授乳期のママ、卒乳間近のママにむけて

「産後クライシス」「おいしい母乳の作り方」「垂れない授乳・卒乳の仕方」

をメインにお伝えいたしました。

 

各都市、市町村の自治体の子育て支援センターで「孤育てを減らそう」という活動が盛んに行われていますよね。

なぜだかお分かりになるでしょうか?

 

今、日本では産後から二歳になるまでの離婚率が非常に上がっています。

その原因の1つとして問題視されているのが「産後クライシス」

出産後に女性ホルモンのバランスが崩れる事で起こるこの現象ですが、女性自らが理解していない、更に男性はまるで理解していないという現状が、離婚に結びついていたりします。

 

更に、現代は社会でバリバリ仕事をする女性が多いので、産後、家で赤ちゃんと2人だけの時間を過ごす事で「産後鬱」にまでなってしまう方も。

 

自分を責めてしまう、とても真面目な女性が多いです。

だからこそ知っていただきたい。

「あなたのせいではないのよ、自分でもコントロールできない感情はホルモンバランスのせいなのよ」と。

 

産後クライシスのお話をさせていただくと、育児中のママさんは、皆さん大きくうなずきながら聞いてくださいます。

涙ぐんでしまったり、中には泣き出してしまう方もいらっしゃいます。

それだけ右も左もわからない中で一生懸命「妻」「母親」を頑張っている女性が多いのです。

そんな孤独な子育てから解放されるために活動をされているのが「子育て支援センター」

そして、子育て支援センターでは、お母さん達の抱く悩みに沿った、セミナーや講座を開いてくれます。

 

今回は「おっぱいの事」はあまり聞く機会が無いから、とご依頼を受けました。

妊娠、出産、授乳期、卒乳後と女性のおっぱいは大きく変化をしていきます。

その変化に1番気持ちがついていけないのは、自分自身ではないでしょうか?

 

あれ?あんなに張りがあったおっぱいが、卒乳したらみるみると萎んでしまった…

大きな胸が自慢だったのに、もうピッタリした服を着れないくらい垂れてしまった…

なるべく体のラインがでない服を着ないと…

主人に見られるの嫌だな…

そんな風に思いませんでしたか?

私は、2人目の授乳が終わった時にみるみる萎んでいく自分のおっぱいをお風呂場の鏡で見る事が本当に苦痛でした。

そして「あ~もう女性として終わったな…」と深いため息をつきました。

お風呂で自分のおっぱいを見るのが苦痛なのですから、当然ふれる事もしていませんでした。

その時期に「乳癌のセルフチェックの為に鏡で乳房を見ましょうね、触ってシコリが無いかを確認しましょうね」などいわれてもできる訳がありません。

 

しかし、現実問題、今「授乳期間中の乳癌の見落とし」が増えています。

そして11人に1人乳癌にかかるともいわれる時代です。

早期発見をしていくためにはセルフチェックは必要です。

 

そして、自己犠牲を美学と思いがちの私たち日本人の母…

自分の体を後回しにする事で乳癌の見落としをし、子供につらい思いをさせない事が子供の心と体を守る事に繋がると気づいていだたきたい。

母親の皆さんはここでハッとした顔をされます。

「自分を後回しににする事が全て良い事では無いんだと気づきました。」

と後から伝えに来てくださる方もいます。

母親が笑顔でいる事が子供は1番幸せなのです。

当協会の「おっぱいWS」では、最初に乳癌のお話をさせていただき、そのあと「お風呂おっぱサイズ」のやり方をお伝えし、次におっぱいマイスターさんが参加者の方のおっぱいを揺らしふっくらと整えていきます。

まずは片方だけおっぱいを整えると「グン!!」とおっぱいが上がり、デコルテに「ボコッ!」と盛り上がりが出来ます。

目で見て一目瞭然の違いです!

すると「わ~凄い!!」「凄いきれいだよ!」「うらやまし~!」と一気にママさん同士の距離が近くなるのです。

 

更に!おっぱいが上がると体のラインが整うので

「ピッタリした服をき着よう!」「もう、どうでもいいと思っていたけど新しいかわいい下着買います!」

とドンドン皆さん「母の顔」から「女性の顔」にかわりだします!!

このキラキラしたお顔をご主人に見せてあげたい!!と毎回私は思います!

そしてその後に「乳がんのセルフチェック」のやり方と重要性を再度お伝えする事で、

「いつまでも女性らしくありたい」「母親として病気にならない体作りをしよう」

と皆さん意識がとても変わります!

 

更に!!

お子さんがいらっしゃる方は経験があると思いますが、初めて子育て支援センターや公園に子供を連れて行く時、ドキドキしませんでしたか?

私はプライベートでは極度な人見知りなので、ママさんが集まる場所に行き初めて言葉を交わす時ドキドキしました。

この「おっぱいWS」は初対面同士で受講された方が、お互いの体の変化を褒め合う事で自然と仲良くなれるのです!

褒め合うことから始まる関係はとても良いですよね!

子育て支援センターの先生はそこもとても喜んでくださいました!

日本中にイキイキと自分を楽しめる母親が増えていく為に今後も活動してまいります。

 

女性が輝き喜ぶ「おっぱいWS」のご依頼はこちらから💛

家族や自分自身の健康の為に女性ホルモンに関わる食生活・生活習慣をきちんと学びたい方はこちらのfeel careおっぱいマイスター講座💛

次回は2018年9月29日(日)嵐山で開催いたします。


お風呂おっぱサイズについてはこちら